ホリスティックナチュラルセラピー協会のオフィシャルサイト

スピリチュアルアロマ~ミカエル・ザヤットアルケミストを感じようXⅢ~を終えて

2020年2月24日 - スピリチュアルアロマ 最新情報 講座ブログ 高島 なゆみ


2016年10月にこの講座の第一回目を開催したので、すでに4年目に突入しているロングランワークショップになっている。

 

一本一本のオイルにじっくり向き合いながら、自分の感性と他者の感性との違いを通して、相手を理解するプロセスを磨き、自分を見つめる機会を得、見えない情報を言葉という物質にして表現する力を養う、総合的エネルギーワークの一つだ。

 

毎回初めて参加の方が数名いらしてとても嬉しい。

 

ミカエル・ザヤットアルケミストオイルの奥深さや効果的な使い方、一本一本のオイルの存在意義を、このワークを通して一人でも多くの方に感じ理解してもらえたら、オイルを手にする人から人へ、エネルギー的強い繋がりができる。

 


 

このオイルのエネルギー領域を理解する人たちの繋がりは、不安定な社会情勢、脅かされる健康への恐れ、経済的逼迫感への不安など、現代を生きる人々が漠然と常に受けている不安なエネルギーを、浄化させ転化させ創造するエネルギーへと化成させるパワーとなる。

 

個々の目覚めはやがて大きなうねりとなる。

 

盲目的意識の扉を、ミカエル・ザヤットアルケミストオイルというツールを媒介に開いていく、そういうささやかなムーブメントだ。

 

今回の課題オイルは、プラチナドラゴン、ホワイトドラゴン、ディヴァインフェミニン、ディヴァインクリエーター、エンドクリンの5本だったが、かなり高い領域のオイル、第4チャクラか第7チャクラ領域のオイル、そして肉体系のオイルというとても良いバランス配分の中で、それぞれの個性に合わせた多様なオイルの使い方を、かなり踏み込んで分かち合えた。

 

 

ワークショップは参加してくださる方と、案内役の私の共同作業で成り立っている。

 

どの情報をどこまで伝えるか、少なすぎても申し訳ないがわからないことを大量に伝えても意味がない、そこら辺のバランス感覚がクラスの雰囲気を作って行く。

 

エネルギーワークを充分経験した人と、少し理解している人、理解していないが感性が強い人、理解したいと強く望んでいる人と多様な人たちの参加となり、なるべく分かりやすく、与えられる情報をかみ砕いて伝えるということが、今回は十分できた私にとっても大変やりやすい、充実したクラスになった。

 


 

できれば外出は控えたい、公共の乗り物は避けたいという空気が漂う中、講座に出席してくださった方々には、深く感謝する。

 

この講座で皆様の色々な「感じ方」が、私の情報の扉を刺激し、自分の知っているが認識していなかった情報が、面白いほど沢山言葉として物質化されていく。

 

この講座はわたしにとっても、特別な「気づき」の講座だ。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

◇次回のホリスティックナチュラルセラピー協会の講座◇
「セルフヒーリング Ⅱ~100%の自分をいきるために~」
2020年3月29日(日) 10:30~12:30(受付開始10:15)
場 所 東京都港区南青山5-11-5 住友南青山ビル7F
定員15名 
受講料:10,000円
※当日受付にてお支払いください
お申し込み・詳細は「こちら」から。

 

過去の記事