ホリスティックナチュラルセラピー協会のオフィシャルサイト

スピリチュアルアロマ~ミカエル・ザヤットアルケミストを感じようⅩⅤ~ を終えて

2020年9月9日 - スピリチュアルアロマ 最新情報 講座ブログ 高島 なゆみ


時として回を重ねるというのは、マンネリ化、ネタ切れ、などの状態を引き起こすが、
このワークショップは、毎回毎回新たな扉が開く感じがする。

 

最初の頃はオイルを純粋に感じ、そのエネルギーをみんなで語り合うというのは、結構楽しいかもしれない、
一般的にお勉強要素があるアロマ系のワークショップとまったく違う、感じる感性を磨き、その感性を
言葉にするというとてもシンプルなシェアリングの中で、自分への気づきがもたらされるかもしれない、
という単純発想から思いついたワークショップだったが、回を重ねるごとに、このワークショップの
意義が深まり、最もロングランで、最も意義深く、最も学び多いワークショップに成長した。

 

このワークショップには全てが入っている。

 

 

瞑想、情報の取り方、自分が唯一無二の存在であるという個性の光、自身のエネルギー状態に対する知覚、
自分の癖、陰陽の世界観、チャクラについての理解、オーラ体の存在、感性を磨く大切さ、感覚と感性の違い、etc..

 

エネルギーに対するあらゆる側面の造詣を深めるためのあらゆる要素を盛り込んだ、
とても完成されたワークショップだ。

 

今回の主役は、フォーカスⅡ、フレッシュネス、ファンガス、ガイヤⅡ、ゴールデンルビーレイの5本。

 

それぞれが感じたことを述べるだけで、
その人がどのような感性や感覚で物事を日ごろから捉えているかの個性がでる。

 

先入観が強い人、常にフラットに物事を受け止める人、理性的に整理するのが得意な人、感情が優位に立つ人、
感覚と感性のバランスがいい、悪い、等々、自身の状態の癖を自分が感じる場としても最適な状態で
ワークショップは進む。 

 

 

香りによって開かれる感覚や感性の扉はそれぞれ違い、どのチャクラが最も揺すぶられて自分を動かすかも
香りの質とそれぞれの今の状態によって左右される。

 

回を重ねていくと、この香りを多分この人はこういう風に捉えるだろうと予測する視点が生まれてくる。

 

その想像性は相手がどのように物事を捉え、
どのように理解するかを知るために必要な想像力だ。

 

親が子供の感性や考えたかを理解するために、友人同士が、パートナー同士が彼だったら、
彼女だったらこれをこういう視点でとらえるだろう、という意識を育てる良きレッスンになる。

 

自分の感覚や感性に敏感になることと、他者の感性を理解し予測する力は、正比例で着いてくる。

 

参加者の皆様の刺激を受けて、自分の眠っている扉がどんどん開いていくのが感じられる。

 

お陰様で今回も大変有意義なひと時を過ごせた。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

◇10月は吉祥寺のサンムーンフラワーエッセンスカフェでイベント開催◇
「オラクルカードで遊ぼう!」
日 時:10月11日(日) 10:30~18:00 全4回のスケジュールです。
場 所:サンムーンフラワーエッセンスカフェ
    東京都武蔵野市吉祥寺本町1-13-6 古谷ビル1F
参加費:90分 3,500円 お茶・スナック
(古代小麦パンとピーナッツバター・アガぺシロップ付)
カードリポートサポート:高島なゆみ
※ご予約が必要となります。
詳細は「こちら」から。

 

 

過去の記事