ホリスティックナチュラルセラピー協会のオフィシャルサイト

Oil Dictionary《8th Dimension-8次元-》

2017年6月17日 - スピリチュアルアロマ 最新情報 講座ブログ


 

スピリチュアルアロマ~ミカエルザヤットアルケミストオイルを感じようⅠ~
導入部分 ⇒ http://holisticnaturaltherapy.com/2017/05/19/oil_dictionary1/

 

《8th Dimension-8次元-》

Lemon Eucalyptus, White Spruce,Rosewood, Larch,Thymes, Frankincense, Goldenrod

■ミカエル・ザヤットとマリー・アリゾンによるオイルの解説

 

このブレンドは私達を恐怖心から開放してくれるでしょう。
自分を押さえつけるのを止め、心の扉を開き、
信頼することを習得できるようにします。

 

それはお互いの心情を思いやることにより、
男女ともすべての人々の内なる女性性を目覚めさせ、
この宇宙で私たちは一つであることを感じます。

 

2〜3滴を手のひらに落とし、両手をこすり合わせ、
香りを吸い込み、オーラをさっと撫でます。

 

■参加者の“感じ”(以下、Aと表記)

 

A1:みぞおち、胸にパーっと広がり爽やかだけど、両耳が痛く、変な感じがします。
A2:左から入り下に降り右に行く巡りを感じました。
A3:バーッと上昇して、スッキリしたけれど、右こめかみが痛いです。
A4:眉間から頭、百会、脊髄に周り胃に来ました。暖かい感じで汗をかきます。
A5:お腹の下、同時に頭の前から頭頂に行く感じがしました。
A6:爽やかで元気になれる、行動に移したくなる、新しいことをスタートさせる感じがしました。

 

■オイルの特性

 

オイルが下りる場所は、心の扉を閉ざしているブロックがそこにあるという事です。
オイルを嗅いだ時に、反応する肉体部分があれば、最初に作用を受ける弱い部分ということで、
そのエネルギー(喜怒哀楽)に弱いといえます。

 

臓器そのものは感じることは難しい場合が多いですが、例えば5気というように、
耳が痛いという場合は、耳と腎臓は関連しており、腎気を司っているのは恐怖です。
マリーの解説とぴったり合っていますね。この場合は恐怖心が動くという事です。
顕在的に自分が持っている恐怖と怖いと思わせている潜在的な情報領域があり、
このオイルはそこにアクセスをかけることにより8次元に行けるというオイルです。

 

顕在意識は自分の意識の中の10%程度と言われており、生存するための意識であり、
その下に眠っている潜在意識のなかに、全体的に人間という生きものが一人一人役割を持ち生存している。
その役割とは何か、自分の生存意識を超えた良質な意識がここ(潜在意識)に入っています。
エネルギーの調整をしている中で感じている事ですが、潜在意識の15%は恐怖の意識で、
これは顕在意識と密接に繋がり自分の人生に制限をかけています。
これは大切な部分ではありますが、強い制限となっています。

 

このオイルはこの恐怖を緩めることによって、制限を取り、依存しなくても、
怖がらなくても大丈夫という情報を伝えることができるようにしてくれます。
結果的にエネルギーがあがり、心が広い人間になる事ができるようにするオイルです。
抽象度を上げるのをたすけるオイルです。

 

潜在意識の一番上の情報は顕在化された肉体の中の情報と密接に結び付き(耳と腎臓などのように)
腎臓は恐怖を持っており、潜在的に恐怖を持っているという事になります。
例えば、連動しているのは、みぞおちと肺気、大腸と肺気、眼と肝臓などがあります。
肝臓の場合、怒りが強く、怒りの情報は悔し涙に変わる、悔しい、無念、分かってもらえない
という感情がつまっており人に理解してもらえないという種類の情報が入っている。

 

例えば潜在的に悲しみに弱いなどという場合、自分の持っている意識は個性でもありますが、
これは善悪ではなく、それが過剰に作用して、自分の人生に制限をかけると、感性が鈍くなるので
バランスよく緩めるのに、このオイルを使うと良いでしょう。

 

《8th Dimension-8次元-》
商品ページ ⇒ http://www.mikaelzayatoil.com/product/258

 

スピリチュアルアロマ~ミカエルザヤットアルケミストオイルを感じよう~
次回の開催は、6月25日(日)です。
講座詳細 ⇒ http://holisticnaturaltherapy.com/aroma/

過去の記事