ホリスティックナチュラルセラピー協会のオフィシャルサイト

スピリチュアルアロマ~ミカエル・ザヤットアルケミストオイルを感じようⅤ~を終えて

2017年12月2日 - スピリチュアルアロマ 最新情報 講座ブログ


ミカエルのエネルギーを受け取ると、自分を煩わすことが、とても大切なギフトである
ということを自然と理解できるようになる。全てが必然という彼の生き方は、
受容性の基本の姿だということに、改めて気づかされる。

 

今の状態をそのまま受け入れるという難しさは、現実の生活の中で、
「なんでこうなるの?」という一言に集約されて、気分をダウンさせる。
そういうことが、仕事でも私生活でも積み重なってくると、「ああ、嫌だ。」と
自分を投げ出したくなる。そんな自分をミカエルは、「なゆみはいつでもたくさんのギフトをもらえるね。」
と笑いながら抱きしめてくれる。

 

彼といると、自分をたくさん恥じる。彼の光の強さは、有無を言わさず
自分の中のあらゆる物が足りていないことを教えてくれる。陰陽の関係とはそういう事だ。

 

暗い中では、自分が光っていても、さらに輝いている場所に出ると自分は陰になる。
彼がただ優しく微笑むだけだけれど、私にとっては最も厳しい教師だ。
彼の光の中で、至らない自分のあらゆる影が目の前に広がる。

 

フ~とため息をつくと、いたずらっ子のように笑って、からなず手をポンポンと叩いてくれる。
「大丈夫、大丈夫。そこに気づくことが大切だから。」そう言ってくれているのがよく分かる。
辛抱強く、我慢強く、出来の悪い私を投げ出さずに導いてくれる。
自分の後ろをちゃんと歩きなさいと、黙って教えてくれる。
「ライジングサン」というオイルは、そんなミカエルと私が作ったオイル。

 

 

それを今回は講座の最初に参加者とシェアした。
これほどピュアなエネルギーのオイルを、今まで手にしたことがない。
太陽の光は、地球を照らしている。どんな自分でも、太陽は純粋に、ニュートラルに光を降り注ぐ。

 

さらけ出されたくない自分が悲鳴を上げても、もっともっとスポットライトをと望んでも、
ただ純粋に、平等に光をくれる。自分の陰をその光で愛の形に変えて、
そして全ての人のために自分を自分らしく活かしていくために。

 

このオイルが完成した時、ミカエルは「素晴らしい、素晴らしいオイルだね。なゆみが作ったんだよ。」
と言ってくれたけれど、これはミカエルが私のために、私に似た人のために作ってくれたオイルだ。

 

「恐れずに光を浴びなさい。それによって映し出される陰を、しっかり抱きしめなさい。
そしてその陰を自分を愛する力で光に変えなさい。」

 

自分の持つ陰を克服するためには、自分への愛が必要だ。
自分に希望を抱き、自分に期待し、そのために努力をするためには、愛という要素が必要なのだ。
講座でライジングサンを改めてシェアしながら、走馬灯のようにミカエルと過ごした3日間が巡った。

 

今回はディクショナリーシリーズで初めて、エネルギーを動かすということを取り入れてみた。
大天使シリーズのオイルの使い方のところに、オーラをきれいにするという記載があったので、
それをペアになって実践した。

 

通常このディクショナリーシリーズは5本のオイルを読んでいくので、一つ一つを使い方通りに実践すると、
エネルギーが混濁して5本をクリアーに読めなくなるため、トライしたことがなかったが、
今後も機会があったらやってみたいと思う。

 

次回のスピリチュアルアロマは、新年ということもあり、
自分が作ったオイルをみんなで読み合うということをやってみたいと思う。

 

12月に予定しているスピリチュアルタロット講座で「自分の一年」というカードを基に、
シングルオイルをブレンドしていただき、そのオイルをみんなでシェアするという形で行うが、
タロット講座には出られないが、自分のオイルをブレンドして、エネルギーを読み合う
ということはやりたいという方は、当日カードを引いて頂くという形で
オイルをブレンドしていただけたらと思っている。

 

今まで自分のオイルをブレンドするということは、何度も講座で行ってきたが、
それをみんなでシェアするというのは初めての企画で、私自身、ずっとエネルギーに関するワークショプを
やってきて、正直皆様とオイルのエネルギーを読み合える日が来るとは、思っていなかった。

 

講座では普通にやっているが、実はエネルギーの知覚というかなり敏感な感性を必要とすることで、
講座を始めた当初は、それなんのこと、という感覚の方が多かった。
コツコツと講座を続けてきて、沢山の人達の出入りがあったが、
やってきたことが少しずつ成果を見せてくれることは、やはり嬉しいことだ。
講座にご参加くださった方々、ありがとうございました。

 

ミカエルのエネルギーが、講座を通して皆様の元に届いたことを願っています。

過去の記事