ホリスティックナチュラルセラピー協会のオフィシャルサイト

スピリチュアルアロマ~ミカエルザヤットアルケミストオイルを感じようⅢ~を終えて

2017年6月28日 - スピリチュアルアロマ 最新情報 講座ブログ


このワークショップは、いつでも新しい出会いがある。
今回も数名の初めての方がいらして、ちょっと緊張しています、
という、その方々のエネルギーが、場を引き締めるスパイス役をやってくれる。

 

課題のオイルは、アングザイアティ・アウト、アプリシエイション、オーラクレンズ、
アユス、バランスの5本だったが、どのオイルもあらためて向き合うと、
各オイルの魔法の世界が、あまりにも豊かで、あまりにも雄弁で、
どれだけ時間を使っても語り尽くせないのではないかと思わせる。

 

今回は前回より参加者が5名ほど多かったので、
人数的に間延びしたワークショップになったらどうしようかな、
と心配していたが、そんな心配は、一切無用の有意義な時間だった。

 

 

参加してくださった方々の、豊かな感性と表現力が見事にその場を盛り上げて、
相手の情報をしっかり取る、自分の感性を相手に理解してもらえるように表現する、
というこのワークの一つの目的を、自然に実行できる状態を作り出してくれた。

 

所々で出る質問も、そこ、本当にポイントなんです、
という要点をしっかり突いてきていて、
とても小気味よい、流れのいい2時間を過ごせた。

 

今回の課題の1つであったアユスは、ミカエルを訪ねた時に二人で作ったオイルで、
オイルを皆様でシェアしながら、その時の光景がまざまざと浮かんできて、
私を幸福にしてくれた。

 

皆様の感性が、ミカエルと私がこのオイルを作った意図とイメージを
そのまま描き出してくれたことも、大きな喜びだった。

 

言葉でも、文字でも、絵でもない、オイルという嗅覚を通して波動を伝える世界で、
伝えたいことを伝えられるということを目の当たりにし、
それはそうですよね、と思っていても、やっぱりそうだよね、
と確信したことは、大きな収穫だった。

 

◆ミカエルザヤット~新たな光~ Everything is perfect そして AYUS
http://ameblo.jp/ayusbay/entry-12093284991.html

 

このワークショップは、回を追うごとに洗礼されていく気がする。

 

ただオイルを嗅いでその感想を言う、というワークからエネルギーの話、
他者の発言に対して、何をポイントに話を聞くか、
また聞きながらその人物の世界観をどう見るか、
相手が抱える問題点と、それを解決してくヒントを探る、
というところまで、話題が尽きないワークになった。

 

セルフヒーリング講座やエネルギーワーク講座、
またはその他のワンディ講座に参加してくださっている方々は、
そこで得た知識や、培ったエネルギーに対する感性を、
さらにオイルの情報を受け取る、使う、理解する
ということに結び付けていくことを是非、やっていただきたいと思う。

 

協会では色々なワークショップを行っているが、
全てのワークショップは一つの目的のために行っている。

 

自身の人生を豊かに自分らしく生きる。
たくさんの情報に惑わされることなく、心を閉じることなく、
自分の意志で選択し、自分のために活用する。
自身の成長と、豊かな知識や洞察力、
感性が自然と自分の周りの人たちの役に立ち、
犠牲者にならずに、役割にならずに、
自分という人間が、誰かのために役に立っている、
そんな自分作りのためのちょっとしたコツを共有する。

 

オイルのワークショップは、自分を知るヒントをくれる。
他者との感性の違いをたくさん感じる場を持てる。
違う感性同士が、相手をどう理解していくか、そのプロセスを練習する場をくれる。
そして何よりも、ミカエルとマリーが描き出すエネルギーの世界を読み解く機会をくれる。
彼らの世界を通して語られるエネルギーの世界は、潜在意識、顕在意識、肉体から思考領域、
自身の高次意識へのアクセスのかけ方、ハートの開き方、感性の磨き方、
あらゆる全てのエネルギー領域での必要な情報を全て包有している。

 

この世界を全て読み解けたら、
あらゆる次元のエネルギーを自由に使える達人になれるに違いない。

 

次回、第4回、更なる扉を開けるワークショップにしたい。

過去の記事