ホリスティックナチュラルセラピー協会のオフィシャルサイト

スピリチュアルアロマ〜2018年のサポートオイルをシェアしよう〜を終えて

2018年3月3日 - スピリチュアルアロマ 最新情報 特別講座 講座ブログ


自分の2018年をオイルでクリエイトする。それはワクワクする、私だったら。
タロットカードのエネルギーをアンカーにベクトルを作り、
そのエネルギーを想像しながら形にしていくという過程は、
自分が持っている今の課題をアンカーに、それをどのように解決していくかをイメージして、
今何をするべきかを決めていく、という日常の情報の使い方と全く同じだ。

 

だから、最初にベクトル決めてよ、エネルギーの。想像しようよ、こういうイメージのオイルを作るって。
ダラダラと、どのオイルがいいかな~、って物質にいかないの。
イメージ、ベクトル、頂点を定める、頼むよ!という感じでワークショップが始まった。

 

時間かかるかな~と危惧していたオイル作りは、
最初の「え、ベクトル?」からは想像できないほどスムーズに、思い思いに、
皆様が自分の世界を迷いなくクリエイトしていた。

 

 

できあがったオイルをリーディングする。

 

皆様にお願いしたことは、「自分の世界に酔わない。」
情報をインプットするということは、外の世界にある物を、自分の世界に引き入れるということだ。
ただそこにある物を、自分色に着色するということ。
ただしそれをアウトプットする時は、その自分色が自分だけが想像できる色では困る。

 

ああ、この人はこの情報をこういう風に理解しているのだ、ということが、
聞き手に伝わらなければ、その世界を共有できない。同じオイルを、自分と全く違った個性で捉えていても、
同じような感性で捉えていても、大切なことは、自分が表現しようとしていることが、
相手に伝わるということだ。

 

「悲しい感じがして」というように、自分の感情で表現されても、
そもそもあなたが何を悲しいと感じるかを理解できなければ、それがどんな物なのか理解できない。
自分の悲しいとはどういうことなのかを、客観的に表現してもらわなければ、
そのオイルのエネルギーを想像できない。

 

自分の感性を自分に酔わずに客観的に表現する力。
それは是非養っていただきたいし、それがこのワークの一つの大きな課題でもある。

 

全部で9本のバラエティーに富んだオイルをリーディングしたが、
最初に手渡した時と、9名の手に渡って帰ってきた時では、すでにオイルの情報が変化している。
自分の2018年を、参加者の皆さんがいる空間で作り、
皆さんにそのエネルギーを味わってもらって完成した特別なオイル。

 

情報は複雑化され、深みを増し、そして皆さんの「どれどれ、どんなオイル?」という
好意的興味のエネルギーが入っているサポートオイル。
自分で作った、でも参加者の皆さんがいたからこそ完成した、そんなスペシャルなオイル。

 

ご参加くださった皆様が、そのオイルと共に、今年の新たな波にしっかり乗ってくださることを、
心から応援しています。ご参加ありがとうございました。

過去の記事