ホリスティックナチュラルセラピー協会のオフィシャルサイト

スピリチュアルアロマ~ミカエルザヤットアルケミストオイルを感じるⅣ~を終えて

2017年9月19日 - スピリチュアルアロマ 最新情報 講座ブログ


このワークショップは、全く予想不可能な情報が満ちるワークショップなので、
事前の準備はあまり必要ないが、エネルギー的には、自分の状態が整っていないと、
参加者の方々のエネルギー波動に対して、自在に自分の知覚領域を合わせていくことができない。

 

扱ったオイルは、天使シリーズ。今回のオイルは波動幅が全て人間領域を超えているので、
ぶんぶんと振り回される感じがする。波が細かいながらも領域が広いので、
広い領域の細かい情報をどこまで拾えるかが一つの課題になるワークだった。
広い広い海の中でそれぞれにうねり、波打ち、細かく、大胆に自由に流れるエネルギーを、
ご参加くださった方々がどう捉え、どう表現するかは、とても興味深い。

 

それぞれの感性が交差する。何も間違いではないし、何も正しくない。
絵画を見るように香りを感じ、自分の感性で受け取っていく。
その感性が作者の意図から、かけ離れていようと、それはたいした問題ではない。
大切なことは、作者の意図ではなく、自分がそれをどう感じ、
どう今の自分に生かしていくかを、意識づけることだ。

 

作者の意図だけに惑わされて、闇雲に使うのではなく、自分がそれに触れた時、
何を感じたかを主にし、どうこのオイルと向き合うかを、感性と意識につなげて、
落とし込んでいくのは、あらゆる事柄を、感じ、思考し、自身に活かすプロセスの訓練になる。

 

オイルは、嗅ぐという単純な行為を通して自分の中のあらゆる扉を開け、自身の深淵に導いてくれる。
眠っている感性の扉を開け、閉ざしている扉をノックし、忘れていた自分の純粋な欲望を蘇らせてくれる。
開いていくそれぞれの感性を、同じ空間でシェアできる喜びが、このワークショップには満ちている。

 

ミカエルの大好きな天使。マリーが毎日祈りをささげる天使。
その天使たちに、エッセンシャルオイルという形で巡り合える。

 

 

今回は呼応したフレームも一緒に楽しんだ。
同じ世界観が違う物質で表されると、やはりそれ特有のエネルギーの違いが生まれてくる。
それを体感するというのも、貴重な経験だった。

 

次回は、11月26日(日)に開催予定です。
http://holisticnaturaltherapy.com/aroma/

 

11月頭にミカエルに会いに行くので、その報告会も行います。

過去の記事