ホリスティックナチュラルセラピー協会のオフィシャルサイト

エネルギーワーク講座 第8回(最終回)を終えて

2018年6月3日 - エネルギーワーク 最新情報 講座ブログ


セルフヒーリング講座、エネルギーワーク講座と続けてきた講座が今回で終了した。

 

総まとめの講座として、自分自身を理解し、自分を受け入れ、自分に気づきをもたらし、
変化させていくという過程(成長)を再確認し、また、同じプロセスを踏んで
相対への働きかけを行っていく、というエネルギーワーク講座の内容を確認した。

 

セルフヒーリング講座では、感情カードで感情の種類の分類や、自分の感情の強弱を意識したり、
たくさんの写真のファイリングを繰り返し行ったりしたが、それを通して気づいていただきたかったこと、
その気づきを日々にどのように活かしてきたか、などの情報をシェアした。

 

自分の感情の振れ幅や、引きずられやすい感情、動きやすい感情、などを相対の世界から理解し、
その感情の上で作り上げられる思考のパターンを認識することは、
自分の質と、その質の上に成り立っている今の自分に納得し、受け入れることに役立つし、
また、今後の自分の展望を描く時に、その質をどう利用し、その質の持つ脆弱な部分を
どうやって克服していくかという自身が持つ課題を鮮明にしてくれる。

 

セルフヒーリングの最終ゴールは、自分を受け入れるだけのエネルギーを持つということで、
嫌な自分もちょっと自慢な自分も、自分がしでかした人生最大の失敗も、頑張ってやり遂げたことも、
全部自分なのだと納得すること。そしてエネルギーワーク講座では、
他者がそういう状態になるためのサポートをすることを目指している。

 

 

自身がワークを通して気づき、受け入れ、働きかけ、成長し、今の自分を常に受け入れて、
その上で成長するためのベクトルを視野にいれているというプロセスを通して、
同じプロセスを相談者が辿れるようサポートをするということを目指していた。

 

カウンセリング、エネルギー調整(ヒーリング)を通して、
自分が今何を感じているのかということに素直になり、自分のネガティブな所も含めて
自分を受け入れ、その自分をどう変化させたいかを自分が見つけ出していくこと、
自分が自分で絡まった糸をほどき、整理し理解していくことに寄り添っていくこと、
エネルギーを調整することによって、それがスムーズに行われるようサポートしていくことを、
エネルギーワーク講座では会得するを目標としていた。

 

8回の講座の中で、エネルギー調整を深く掘り下げることは難しいが、
言葉というツールを使い相手の意識に働きかけながら、最終的にエネルギーを調整し、
状態を安定させるというところまでは、完成させられるプログラムを組んでいた。

 

2か月に一度の講座で、エネルギーの知覚力や、肉体調整をするための知識などを盛り込むことは難しいので、
ワンディとして養生講座では肉体に関する情報、スピリチュアルアロマでは情報を取るための感性を磨く訓練、
タロット講座では得た情報を的確に相手に伝えるスキルを学ぶ、補講の意味もあり開催してきたが、
そこら辺を関連づけて活かしていくということは、なかなか難しい。

 

相手の抱えている問題に対してのアプローチの仕方を見ていると、
基本的に方法論に終始し、アドバイスが「こうしたらどうですか?」
という上っ面のHOW TOになりがちだったのは、問題解決の根本的意味を理解しきれていないと思われた。
意識整理のために、繰り返しワークで取り入れた10個の丸のレッスンが、あまり効果を上げていなかった。
自身に対しても相対に対しても、最も大切なことは、心を救うこと、感情を救うことである
ということに対しての取り組みが希薄だったことは、大きな課題として残ってしまった。

 

今回のセルフヒーリング講座、エネルギーワーク講座は、私にとっても学びの連続だった。
伝えようとしていることを、きちんと伝える、一つ一つのワークが、何を意味し、
それを総合的に理解して使っていくということの意識がけがうまくいかず、積み重なっていく喜びを、
ご参加してくださっている方々に与えられなかったのではないかという、深い反省がある。

 

「なるほど」を、いかに使っていくか。「あ、私ってこういうところがあるんだ。」をどう生かしていくか、
という部分に対して、外からの働きかけがどこまで必要なのだろうかという、
自答自問の答えはまだでていない。今後は一つのテーマにゆっくりじっくり取り組む形で、
ワークショップを構成していきたい。

 

6月17日には、「スピリチュアルアロマ~ミカエル・ザヤットアルケミストオイルを感じようⅦ~」
で感性を動かすことと、チャクラのオイルが課題オイルなので、チャクラについての情報をシェアする。

 

7月29日に予定している「ちょっと養生~感情の養生~」は、
東洋哲学の五行を使いながら自分の質を見極めて、その質が持ちやすい感情を導き出し、
その感情によって自分が陥りやすい負の状態を和らげるフラワーエッセンスを
オリジナルで作るというワークショップを予定している。

 

セルフヒーリングでは、自分の感情の使い方を自身で紐解くという難しさがあったが、
今回のワークショップは、もう少し簡単に自分の質を客観的に捉えて、
そして自然にそこを癒してみようか、フラワーエッセンスで、という流れになる。
自分で気づかない自分に会えたり、自分のここが結構ネックと思っていたら、
ああ、そうか、質なんだなと変に納得したり、気軽なワークだが、自分を知る上では役立つと思う。

 

エネルギーの使い方などで、個別にもっと深めたい、
また、こういうところをもう少しやりたいという方がいらしたら、是非遠慮せずに仰って欲しい。
補講という形で、できうる限りのサポートをさせていただきたい。
長い間共に学んできたことを、講座が終わった、何だったのかな~という形で終わらせて欲しくない。
また、色々な機会に、色々な形で皆様とお会いできることを望んでいる。
長い間ありがとうございました

過去の記事