ホリスティックナチュラルセラピー協会のオフィシャルサイト

スピリチュアルタロット~2019年の課題をクリアーにしよう~ワークショップを終えて

2019年2月3日 - 最新情報 特別講座 講座ブログ 高島 なゆみ


 
久しぶりのタロット講座、この講座の難しいところはカードの意図を自由に解釈することはできるが、
カードの意図を逸脱して好き勝手に思い込むことはできない、ということをどこまで伝えられるかだと
いつも思う。
 
タロットというツールは、非常に奥深く哲学的で驚くほど的確に可視できない情報を映し出す。
 
自分が見たくないこと、避けていたこと、聞きたくないことも、ささやかれたいこと、
認めてもらいたいこと、喜ばしいことと同じくらいはっきりと見せてくれる。
 
そしてそれを受け入れる勇気、心構え、その先にある光を与えてくれる。
 
しかしある意味では、読み手にそれなりの覚悟を促す。
 
目をそらさずにめぐってくる流れを受け止めるという覚悟。
 
どう回避するかを考えるのではなく、それをどう利用して自分を成長させるかを
模索する思慮深さを育ててくれもする。
 
それだけの情報をカードから引き出せると、カードは心強い親友になる。
 
そういう風にカードを使ってもらいたいと願っているが、目先の解釈に意識を取られて、
全体的な流れの中でそのカードが何を意図しているか、
また、どのベクトルに向ってエネルギーが動いているかということを見極めることには、
少し訓練がいるのかもしれない。
 

 
今回のワークショップでは、初心者の方もカードに慣れている方も、
自分の課題を引きながらカードを理解していくことにチャレンジした。
 
漠然とカードの意味を理解しようとするより、自分に直接関連するカードの情報を、
自分の心と頭が感じるほうが理解が進む。
 
どちらにしてもすべてのカードを一度で覚えることはできないのだから、
カードの基本だけを理解したらあとは引いて落とし込むことを繰り返したほうが、ずっと身になる。
 
初めての人は初めての人なりに、経験者は経験者なりに、
自分の一年のそれぞれのカテゴリーの課題に向き合い、どういう方向で
その課題をクリアーしていくかということを、カードを通して意識下に収めた。
 

 
アロマオイルでもカードでも波動を動かすツールの素晴らしいところは、
手に触り、可視し、思考をめぐらすというだけで、エネルギーが大きく動き情報を浄化し、
物事のありようを変化させてくれることだ。
 
カードを見ながら話をしているうちに、どんどんエネルギーが変わっていくのがわかる。
 
視界に情報を捉え、思考をめぐらせ、言葉にしながら感情を揺らすという行為は、
それだけで情報領域を変化させるのだ。
 
ツールを使う講座の醍醐味は、知識を積み上げることではなくて、その場で自分の情報を
ツールとシンクロさせて自分の情報を入れ替えることだ。
 
なんだかわかったようなわからないような、でもこの言葉だけは覚えている、というものがあったなら、
カードは難しいけど楽しかったと思ってもらえたら、それで十分情報は変化している。
 
受講してくださった方々は、できれば時々自分が引いたカード、
印象深かった一枚でもいいので、ちょっと眺めていただきたい。
 
それだけで自分の情報がクルクルと変化する。

 

 

◇次回のホリスティックナチュラルセラピー協会の講座◇
「ちょっと養生~気血津液の養生Ⅲ~」

2019年2月24日(日) 10:30~12:30(受付開始10:15)
場 所 東京都港区南青山5-11-5 住友南青山ビル7F
定員15名 受講料:8,000円 ※当日受付にてお支払いください。
※ホリスティックナチュラルセラピー協会主催の講座ディプロマをお持ちの方
20%オフになります。
持ち物:筆記用具、手鏡

お申し込み・詳細は「こちら」から。

過去の記事